TEL:092-822-1550 FAX:092-822-1565

システム構築技術講座 講座詳細

講座概要
講座名 CQ11 「はんだ付けの基礎と現場事例」
日数 1日 時間 7時間
品質・信頼性向上
講座詳細

【ね ら い】
プリント配線板や部品実装の基本である鉛フリーはんだ接合部の信頼性確保について解析手法と不良事例を学ぶ。

【対  象】
➢ 電子機器、半導体製造装置の設計技術者や工場管理・生産技術者。
➢ プリント基板への実装業務をしている企業の製造部門及び品質管理部門の管理監督者、指導員や担当者の方。
➢ その他実装品質の向上策を学びたい方。

【講義内容】

1章  はんだ付けの基礎
  1. はんだ付けの特徴
  2. はんだ付け可能なメカニズム
  3. 合金層(金属間化合物)形成
  4. はんだにとって高温とは?
  5. はんだの濡れ
  6. 平衡状態図
2章  フラックスの基礎と各成分の役割
  1. フラックスの役割と種類
  2. フラックスの酸化膜除去機能
  3. ロジンの効能
  4. 活性剤の効能
  5. チキソの効能
  6. ソルダーペースト体積調査実験事例
  7. はんだ材料の金属とフラックス率
3章  工程管理と信頼性について
  1. 工程管理=進捗管理ではない
  2. ワイブル統計
  3. 信頼性(品質)の確保が重要な理由
  4. ソフトウェア vs プロセス
4章  実装現場での初期解析事例
  1. 量産現場で押さえておきたいはんだ付けのポイント
  2. 観察のポイント
  3. チップ立ち
  4. 実際のはんだ付けの観察事例
  5. 熱量の違いによる外観状態と内部状態(リフロー)
  6. フロー工法で総合的な判断をする為に
  7. はんだ鏝の構造
  8. はんだ鏝のワット数の違い
  9. クリーニングによるヒートショック
5章  鉛フリーはんだ接合部の評価方法事例
  1. 何を特性値として見るべきか?
  2. 表面実装品の評価方法
  3. 研磨量調査事例
  4. 10年保証に対して
  5. 強度平均寿命
  6. 累積故障率
  7. ワイブル確率紙

次の講座へ >>