TEL:092-822-1550 FAX:092-822-1565

システム要素技術講座 講座詳細

講座概要
講座名 MM11 「PMモータのベクトル制御」
日数 3日 時間 21時間
電力・駆動制御
講座詳細

【ね ら い】
モータ制御に必要な技術の基礎となる部分を学習し、各技術の位置付けを理解するとともに、具体的な実装に関する技術を学習する。

【対  象】
➢ 電気回路およびプログラミングに関する基本的な技術を理解しており、これからモータ制御に関する技術の習得を
   目指している方。

【講義内容】

1章  PMモータを動かすために
  1. PMモータの動向
  2. PMモータのアプリケーション例
  3. 必要な知識
2章  パワエレ基礎
  1. インバータ基礎
  2. スイッチング素子
  3. スイッチング損失
  4. 単相インバータ
  5. PWM
  6. 三相インバータ
  7. 電源電圧と回転数
  8. 過変調
  9. デットタイム
  10. 120度通電方式
3章  モータ基礎
  1. モータの種類
  2. 誘導機と永久磁石同期機
  3. 位置センサ
  4. SPMSMとIPMSM
  5. 磁石
  6. 巻線
  7. 電磁鋼板
  8. モータ制御の考え方
  9. 制御-回路連成解析手法
  10. PSIMによるモータ特性把握
  11. PSIMによるモータ駆動
4章  制御基礎
  1. おさらい
  2. RL回路
  3. ラプラス変換
  4. 代表的な伝達関数
  5. フィードバック制御
  6. 比例(P)制御
  7. 比例積分(PI)制御
  8. R-L回路の電流制御
5章  PMモータのベクトル制御
  1. ベクトル制御
  2. PSIMによるベクトル制御
  3. 外乱オブザーバ
  4. 電流指令値の選択方法
6章  離散化と実装
  1. 全体構成
  2. シミュレーションの演算周期について
  3. マイコンで何をやってるの
  4. 離散化(量子化)
  5. A/Dの分解能
  6. エンコーダの分解能
  7. 電流センサのオフセット
  8. 実装に伴う問題
  9. 離散積分方式による違い
  10. ベクトル制御の離散化
  11. インバータキャリア周波数と高調波
7章  PMモータのセンサレスベクトル制御
  1. センサレス制御(現状)
  2. BLDCとBLAC
  3. 高調波印加によるセンサレス制御
8章  実際のプログラミング
  1. 制御ボード
  2. 主回路周辺
  3. 周辺回路
  4. プログラム構成
  5. 演算内容
  6. 三次高調波印加
  7. 座標変換
  8. PWM変調
  9. Sin, Cos演算
  10. ソース群とヘッダ群

次の講座へ >>